性交渉というのは、愛し合う男女にとっての楽しみです。結婚前交渉が当たり前となっている現在では、多くの男女が学生時代の交際や結婚前の交際で性交渉をすることでしょう。そこで問題となるのが、予想外の妊娠です。性交渉をするので、妊娠をする可能性があるのは当たり前ですが、きちんと避妊具を使用していたのにもかかわらず妊娠をしてしまったという人もいるのです。その場合、本当に挿入時からコンドームを使用していたかどうかが重要なポイントです。男性の生理として、射精をする前から亀頭の先から分泌物が出てきています。そしてこの分泌物の中には精子が含まれるのです。そのため、女性に挿入する前にコンドームは必ず装着し、途中で外すことや、途中から装着をするということは避けなければいけないことなのです。特に若い男性で、性交渉に慣れていない場合は、早漏である男性も少なくありません。その場合、いつ射精が訪れるか予測できないこともあります。ひどい場合には、挿入と同時に射精をすることも。予想外の妊娠を避けるためには、コンドームは始めから必ず正しく装着しなければいけないのです。性交渉の時に早漏であることをコンプレックスに感じている男性もいるかもしれません。早漏は経験を重ねると次第に性交渉の時間を長く持つようになってくることもあります。また自慰行為の時には、早漏の人であっても長く時間がかかるということもあります。そのようなことから早漏は次第に克服できるようになってくることもあるので心配はありません。愛し合う男女間での性交渉は十分に楽しんだらいいでしょう。その場合、必ずコンドームなど避妊具を正しく使い予想外の結果を招かないように楽しむことが大切です。